読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎っぺとして。

思ったことはすぐに書こうと思う。

私は現在雪が多く降る場所に住んでいる。雪になじみのない方にとって、雪とは幻想的なものであり、きれいなものだろう。雪といえばスキー、スノボ、雪だるま。そんなところなのかもしれない。しかし豪雪地帯に住む者にとって、雪とは我々をいろんな意味で殺しにかかってくる化け物なのだ。雪が降れば、雪かきをしなければならない。都会に住む皆さんと違い、田舎の大抵の足は車である。車が動かなければ仕事にも行けない、買い物にも行けない、やりたいことが出来ない。それが田舎なのだ。怠け者は死に働き者が生き残る。まぁ実際のところ本当に死者が出ることは稀だし、基本は助け合う。ただし気を付けてほしい。基本的に人は自分のために生きる生き物だ。自分自身の為にやったことが、たまたま人の為になったに過ぎない。これが奇妙な「協力」という形になっているだけだ。始めから人に期待して、自分が動かないなど言語道断である。もしも本当に田舎に住みたい、と思っている方はその辺を覚悟してきてほしい。

さて、ここまで歪んだ田舎っぺによる主張を述べてきたが、結局のところ私が何を言いたいかというのは、田舎っぺはもっと自分たちに自信を持つべき、ということである。現在多くの事で何をするにも都会に行かなきゃだめだ、とにかく都会にでなきゃ。そういう風潮がある。実際都会に行けば多くのチャンスが転がっているだろうし、田舎よりは便利な暮らしが待っているだろう。実際私も東京にすぐにでも出ていってやりたいことがある。でも本当に都会に行けば、好きなことは見つかるのでしょうか。やりたいことは転がってくるのでしょうか。多くの人はそこで適応してしまい、結局他人と同じように生きることを強いられるのです。

ではなぜ私は田舎っぺに対して、自信を持てなど言うのでしょうか。答えは簡単です。田舎っぺは、都会の人とは比べ物にならない、自然の中や逆境の中で生きるための術を様々な環境から見つけ出しているからです。田舎っぺは、上でも述べたように動かなければ自分の首を絞めます。だから生き残る術を必死で考えるのです。どんな小さなことでも、問題解決のため頭を使っているのです。だからこの考える力を、自分が好きだと思っているものに対して、行使したらよいのです。

こんなことを言っていると、都会の人よりも田舎の人のほうが優れていると思っているんじゃないか、と言われるかもしれませんが、田舎の人には最大の弱点があるのです。

それは非常に保守的なのです。正確には今の生活とは違ったことや奇抜なもの、人と違ったことをすることがあまり得意ではないのです。この理由としてはあまりにコミュニティが狭く、自分の情報があまりにも簡単に広まってしまうからだと考えています。だから田舎の人は、人と同じことをするのが当たり前、という思考が刷り込まれてしまうのです。

私は「安定」というのが良いことだとは思いません。「現状維持」に勤しむのはただ考えることを放棄したことだと思います。だからこそ、一歩自分の好きなことに踏み出すことが大事なんだと思います。もしも今自分にとって一歩を踏み出せないなら、その一歩を踏み出すための準備をしたらよいのです。

今の時代本当に便利な世の中だと思います。都会じゃなきゃできないことなんて、どんどん少なくなっていると思います。だから田舎に生まれたことを悲観するのではなく、自分の成功の為に都会を利用するくらいの気持ちで夢への準備をしましょう。

ブログを始めてよかったと最近本当に思います。

自分の思考が深く鋭くなりつつあることが、最近一番楽しいです。