読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が映画好きな理由。

皆さん、映画は好きですか。私は映画が大好きです。どのジャンル(恋愛以外)も同じくらい好きです。基本的に世界に没頭したい人間なので前情報はできるだけ仕入れずにその時々の感情に任せて映画を見ています。

皆さんは映画のどの部分に魅力を感じますか?俳優さんや女優さんの魅力、世界観や考えの魅力、あの暗闇の中での没入感。様々あげられるでしょう。私が最も魅力的だと感じるのは映画の別世界感についてと自己の世界の切り離しが容易であることの主に二つです。私は自己の世界を好みながらも、他者の世界観や考えなどに非常に興味があります。そしてそれを自己の世界に組み込むことにある種の生きがいを感じています。

そのため私は基本的に映画館の前方を陣取ります。人の頭が自分の視界に入り込むのが嫌なのです。ふっと気が付いた時に人の頭で没入感が薄れてしまうことに不快感を感じてしまうのです。それはさておき、私は映画を見る際は基本水のみを口にし、上着を脱ぎ、時計を外します。こうすることで自分の存在を希薄にできるのです。意識を視覚と聴覚のみにし、他の感覚をできるだけオフにすることで、自身をその世界にいれることが可能なのです。

この為私は、4DXというものにあまりいい感情を抱いていません。一度だけこれで映画を見てみましたが、世界への没入感は減る一方でした。どちらかというと映画というより、アトラクションでしたね。

まあこれについても深く掘り下げるのはやめましょう。あくまでこれまでの意見は一映画スキーの戯言です。こんな楽しみ方もあるよー程度に留めておいてください。以上。